すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 東條ウィメンズクリニック

東條ウィメンズクリニック

中絶手術に対応している東條ウィメンズクリニックは、東條ウィメンズホスピタルと提携していることからスピーディーな対応が特徴的です。東條ウィメンズクリニックの診療時間や対応週数、中絶費用などについてまとめました。

中絶の相談がすぐにできる
横浜のクリニックを探す>>

東條ウィメンズクリニックについて

診療時間

9:00~12:00 ×
15:00~18:00 × ×

中絶対応情報

最寄り駅
上大岡駅
対応週数
初期~12週以降の中期中絶まで(中期中絶は提携病院の東條ウィメンズホスピタルで)
中絶費用
12万円(税抜)~
支払方法
公式HPには情報が見当たりませんでした
女医の対応可否
公式HPには情報が見当たりませんでした
アフターピルの処方
あり(72時間以内)
電話番号
045-846-8101

アクセス

住所:神奈川県横浜市港南区上大岡東1-12-13ウィステリア1F

中絶手術を行う東條ウィメンズクリニックの特徴

東條ウィメンズクリニックMEMO
  • 提携病院「東條ウィメンズホスピタル」と連携している
  • 駅から徒歩5分
  • 土曜日も診療を受け付けている
  • 24時間インターネット受付可※中絶の相談は電話での問い合わせ

特徴1:東條ウィメンズクリニックは中期中絶にも対応

東條ウィメンズクリニックでは、妊娠12週以降の中期中絶にも対応しています。妊娠週数によって費用や手術法が異なる場合があるので、詳しく知りたい人はぜひ問い合わせてみてください。

特徴2:中絶手術は2つの方法から状況に合った方法を選択

東條ウィメンズクリニックの中絶手術では、「吸引法」と「掻把法」の2種類を採用。患者の妊娠週数や状況に応じて、より痛みが少ない方法を選択しています。

特徴3:中絶に関するさまざまな不安や疑問にもしっかり対応

「中絶手術をすると妊娠がしづらくなる?」「中絶手術は痛い?」といった中絶に関する疑問や不安も、ひとつずつ丁寧に説明しています。不安な人は1度電話で確認してみるのもよいでしょう。

東條ウィメンズクリニック

東條龍太郎医師

1970年に慶應義塾大学医学部を卒業、静岡赤十字病院産婦人科、慶應義塾大学附属病院産婦人科、聖マリアンナ東横病院産婦人科、川崎市立井田病院産婦人科を経て、1983年に東條ウィメンズクリニックの院長となった東條龍太郎医師。日本産婦人科学会、米国不妊学会など様々な学会に所属しています。同クリニックでは、地域の総合病院とも提携し、患者に対して丁寧できめ細かい治療を提供しています。また、一人一人の患者に向き合った治療を提供することをモットーとしており、女性が一生の間に抱える健康上のトラブルや悩み、出産などに真摯に向き合っています。できるだけ患者目線での治療を心がけており、医師として治療を施すことはもちろんですが、患者と一緒に考えるという態勢を取っています。わかりやすい説明とあたたかな診療にも力を入れており、患者が治療に関して感じる疑問点や不明点は患者が納得するまで丁寧に説明し、患者が1人で抱え込んでしまいがちな悩みなどをいつでも相談できる医師、そしてクリニックを目指しています。その先にあるインフォームドコンセントについてもしっかりと対応しており、患者が納得した上で適切な治療を行います。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。