すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 妊娠によって体に起こる変化 » 妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬の使い方

いつから検査できる?

妊娠をすると、体内にはhCG(human Chorionic Gonadotropin:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が分泌されます。hCGは尿中に排泄されるため、妊娠検査薬は尿のhCG濃度を計測します。hCGの分泌量は着床のタイミングなどによって違ってきますが、生理予定日の1週間後には検出できる数値になっています。これより前だと正確に計測できないこともあるので、注意が必要です。

妊娠検査薬の使い方

妊娠検査薬は、誰でも手軽にできる妊娠検査法です。「もしかして妊娠したかもしれない」と思ったときに、すぐに結果が出るのも便利です。そんな妊娠検査薬を正しく使うにはどうしたらよいか、解説していきます。

妊娠検査薬に尿をかける

hCGは時間帯に左右されないホルモンですから、時間帯はあまり気にしなくてもよいでしょう。説明書を読んで当該箇所に尿をかけます。このとき、説明書に書いてある秒数を守るようにしてください。

妊娠検査薬を水平に保ち1分まつ

正しく計測するためには、水平な場所に置く必要があります。斜めになるような場所では、正確性に欠けることもあります。また、キャップがあれば装着しておきましょう。待ち時間は製品にもよりますが、1分が多いようです。

判定窓を確認する

判定は、判定窓を観察しておこないます。はっきりと棒状のものが見えた場合には陽性です。陰性の場合には何も現れません。線が薄いときには確定することができませんので、数日後に同じように検査をおこなってください。

妊娠検査薬はあくまで目安として使用

娠検査薬は、正しく使用すれば99%程度正確だといわれています。しかし、適切な時期に検査がおこなわれているかなど疑問点は残ります。もし、陽性の場合には必ずクリニックに行って確定診断をしてもらいましょう。

妊娠検査薬には種類がある

妊娠検査薬を使用するタイミングは下記の通りとなります。

前回の生理開始日+生理の周期+1週間後=検査日

正しいタイミングで使うことで、正確な判断が出ます。しかし、早く妊娠の結果を知りたい人にとっては検査日まで待つのは大変でしょう。

妊娠検査薬のなかには、早期に判定が出る「早期妊娠検査薬」と言うものがあります。一般的な妊娠検査薬に比べてhCGを検知する感度が高く、生理予定日の3~4日前の使用でも結果が出やすいとされています。

しかし、早期妊娠検査薬は珍しいもので日本ではあまり流通していません。通販で購入ができますが、高額になる場合もあることを知っておきましょう。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。