すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 【番外編】土日もピルを処方している横浜市の病院

【番外編】土日もピルを処方している横浜市の病院

避妊を目的としたピルは、毎日決まった時間に服用し、一定の黄体ホルモンを保たないと効果がありません。そのため、一日でも服用を欠かすことができないのです。

平日だけでなく土日でもピルの処方を受けられる横浜市内の病院をピックアップし、それぞれの特徴を比較してみました。

土日もピルがもらえる横浜の病院2院

土日もピルを処方している横浜の中絶対応クリニックの営業時間 聖マリアクリニック分院 仲町台レディースクリニック 聖マリアクリニック分院 仲町台レディースクリニック
土日もピルを処方している横浜の中絶対応クリニックの営業時間

聖マリアクリニック 分院

聖マリアクリニック横浜ステーション公式HP

引用元:聖マリアクリニック 横浜ステーション公式HP(http://stmc-y.com/)

土曜日の診療時間
10:00~13:30、15:30~19:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00
支払方法
現金・クレジットカード
最寄り駅
横浜ステーション分院:各線「横浜駅」
センター北分院:市営地下鉄ブルーライン「センター北駅」
戸塚分院:JR横須賀線「戸塚駅」
電話番号
045-828-4892(24時間受付・自動音声対応)
045-440-2804(横浜ステーション分院)
045-913-4489(センター北分院)
045-869-5544(戸塚分院)

聖マリアクリニック
分院に
ピルの処方を
相談する

電話で問い合わせる
(24時間受付・
自動音声対応)

仲町台レディースクリニック

仲町台レディースクリニック公式HP

引用元:仲町台レディースクリニック公式HP(http://www.nakamachidai-lc.com/)

土曜日の診療時間
9:00~11:30
日曜日の診療時間
9:00~11:30
支払方法
現金
最寄り駅
市営地下鉄ブルーライン「仲町台駅」
電話番号
045-943-1803

仲町台レディース
クリニックに
ピルの処方を
相談する

電話で問い合わせる
045-943-1803

ピルの種類

ピルとは合成された女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が含まれた薬剤のことで、低用量ピル・OC(Oral Contraceptives)とも呼ばれます。ピルは21日間続けて服用し、7日休薬するのが基本ですが、含まれているホルモンの量によって3つに分類されます。

  • 一相性:同量のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を21日間服用するもの。(商品名:オーソM、マーベロンなど)
  • 二相性:ホルモン量が異なる2種類のピルを服用するもの。21日間のうち、11日間はプロゲステロンの量が多い。(商品名:エリオットなど)
  • 三相性:ホルモンの配合比が3段階に分かれたもので、自然な月経周期のホルモンバランスに近づけている。(商品名:シンフェーズT28、アンジュ21・28など)

どのピルを使用するかは、使用目的・個人のホルモンバランス・体質・副作用・ライフスタイルなどに合わせて決めます。また、病院によって取り扱っているピルの種類が異なるため、使用を検討している場合は相談してみると良いでしょう。

ピルを使う前に知っておくべきこと

ピルの避妊率

低用量ピルの避妊率は各種避妊法の中でも非常に優れており、安全性も高いものとなっています。正しく服用した場合、その避妊率は99.7%。これは、避妊手術と同レベルの効果とされています。

ただし、飲み忘れた場合は5%ほどの割合で妊娠する可能性があるため、決められた通りに飲むことが重要。

ピルの基本的な飲み方

ピルは、毎日一定の時間に1錠ずつ服用するのが基本です。

28日を1周期とし、21日間連続してピルを服用。その後7日間は休薬もしくはホルモンが含まれていないプラセボ錠を服用し、再び28日を1周期として服用を繰り返します。

ピルの役割

ピルの主な役割は避妊ですが、その他にも月経痛の軽減・月経周期の安定化・貧血改善といった役割も持っています。

また、卵巣がん・子宮体がんを予防したり、子宮筋腫・骨粗しょう症・骨盤内感染症などへの良い影響も報告されているのです。

ピルを飲み忘れたときは…

ピルを1錠飲み忘れたら、気づいたときにすぐ1錠を服用し、その後は通常通りに服用を続けます。

2錠飲み忘れた場合は一時的に服用を休止し、コンドームなどの別の方法で避妊を行ってください。その後、数日以内に月経が始まるので、新しいシートで服用を再開しましょう。

服用によっておこる体の変化

ピルを服用することで見られる主な副作用は、吐き気・嘔吐・不正出血・乳房緊満・頭痛などの症状。基本的に重大なトラブルに発展するケースは少なく、軽ければ3周期くらいまでに軽減します。

ただし、喫煙者や肥満の方はピルによって静脈血栓塞栓症のリスクが高まると言われているため注意が必要。

ピルの平均的な費用

保険診療で処方される薬剤の価格は全国一律で決められていますが、避妊目的で使用するピルは保険適用外。つまり、費用は全額自己負担となります。

使用するピルや病院によって価格は異なりますが、平均的な相場としては1シート(1ヶ月分)で2,000~3,000円。病院によっては診察料や相談料などがかかる場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ピルは必ず病院で処方してもらいましょう

アメリカや中国といった海外ではミフェプレックス(ミフェプリストン)*というピルが流通していますが、これは妊娠初期の中絶を可能にする経口妊娠中絶薬。

ミフェプレックスは、場合によっては手術が必要となるような重篤な副作用を起こす可能性があるため、米国食品医薬品局(FDA)ではインターネットや個人輸入で購入しないよう注意を促しています。

日本では、ミフェプレックスの個人輸入は厚生労働省によって禁止しています。購入する場合は医師の処方箋または指示書が必要で、決められた手続きを通さない限り個人輸入はできません。

専門知識を持たない人が、素人判断でピルを使うのは非常にリスクの高いこと。どのような理由があろうとも、避妊薬についてはクリニックで処方しているピルを使用するようにしましょう

*ミフェプレックスについての参考HP:厚生労働省HP「ミフェプレックス(MIFEPFEX)(わが国で未承認の経口妊娠中絶薬)に関する注意喚起について」(https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1c.html)

こちらもチェック!ピル処方に対応している神奈川のクリニック

ビバリータ

サンスクリット語で「輝くような魅力的な女性」を意味するビバリータ。

「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトにしたクリニック、ビバリータでは
女性の体と心の健康をサポートしています。

女性向け書籍の執筆や情報サイトへの情報発信も多数行っている清水なほみ院長は、日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会などに所属する日本産婦人科学会の専門医。病院に行きづらいという患者さんの悩みも、同じ女性という立場から医師の知識を活かして適切なアドバイスをしてくれます。

また、ビバリータが多くの女性から支持される大きな理由は、スタッフが全員女性であること。院長の清水なほみ先生はじめ院内のドクターはすべて女性。もちろん看護師も心理カウンセラーも受付も全員女性のクリニックです。

土曜日の診療時間
10:00~13:00、14:00~18:00
予約制ですが緊急避妊は予約不要です
(受付時間10:00~12:30、14:00~15:30)
日曜日の診療時間
休診
支払方法
公式サイトに記載なし
最寄り駅
横浜駅「きた東口」徒歩8分
所在地
神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25 ヨコハマポートサイドプレイス3F
電話番号
045-440-5567
045-440-5577(予約専用))

横浜中央クリニック

横浜駅から徒歩2分。美容医療全般に幅広く対応している横浜中央クリニックは、アクセスも良くアットホームな美容外科として、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知から来院される患者さんも多いそうです。美容に関する施術を得意とするクリニックですが、女性のデリケートな悩みに対応するべくアフターピルの取り扱いも行っています。

取り扱いのあるピルはノルレボ錠です。ノルレボ錠は製薬会社の臨床によると、妊娠阻止率は81%と高め。性交をして72時間以内に1錠を服用することで、効果を発揮すると言われています。同院での提供はノルレボ錠(吐き気止めつき)18,000円となっています。

土曜日の診療時間
10:00~18:00(完全予約制)
日曜日の診療時間
10:00~18:00(完全予約制)
支払方法
現金・クレジットカード(一括払いのみ)・銀行振込 医療用ローン(最大84回)
最寄り駅
横浜駅西口
所在地
神奈川県横浜市西区 北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
電話番号
0120-072-545(受付時間9:30~19:00)

TJクリニック

自らも実験台となって成長因子の注射をするなど、さまざまなことにアグレッシブに取り組む田島院長が、2018年に開業したTJクリニック。

アフターピルの費用は税込みで1万円のみ診察料も必要なし。予約なら待ち時間なしで問診後すぐにアフターピルを処方してくれます。同院では未成年者でもアフターピルの処方を行っています。保護者の同意書・同伴などは必要ありません。

土曜日の診療時間
10:30~18:30(受付時間10:30-18:00)
日曜日の診療時間
休診
支払方法
公式サイトに記載なし
最寄り駅
新横浜駅から徒歩5分地下鉄新横浜駅から徒歩5分
所在地
神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 新横浜成田ビル4F
電話番号
045-476-5525

アモルクリニック婦人科

子宮筋腫や不妊治療の治療に力を入れている児島孝久先生が院長を務めるアモルクリニック。アフターピルの費用は診察料込みで1万円。電話のほか、ネットでも予約が可能です。アフターピルのほかにも、月経不順・生理痛の緩和を目的としたピルの処方もあります。避妊リングの処置も可能で、避妊について相談したいという人も受診しやすいでしょう。

また同院では生理のトラブル・おりもの異常・更年期障害など女性の身体に起こるさまざまなトラブルに対応。悩みを解決するために、適切な診察と診断を行ってくれます。

土曜日の診療時間
9:30~13:30
日曜日の診療時間
9:30~13:30
支払方法
公式サイトに記載なし
最寄り駅
市営地下鉄ブルーライン  新横浜駅より 徒歩3分
所在地
神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-3 7F
電話番号
045-475-1000

ヤマダレディースクリニック

病院勤務の傍ら、東洋伝承医学研究所・アーユルヴェーダスクールで東洋医学(主にインド医学)を学んだ山田善三先生が院長を務めるヤマダレディースクリニック。

西洋医学だけでなく、漢方やアーユルヴェーダなどの考え方も取り入れた、 幅広い視点からの医療に取り組んでいます。

同院では3種類のピルを用意しており、それぞれヤッペ法(3,500円)・ノルレボ法(14,000円)・ジェネリック(8,000円)があります。ノルレボ法が妊娠阻止率が高いと言われていますが、性交のタイミングによって効果が変わるため、処方してもらう場合は医師との相談が重要になります。

土曜日の診療時間
10:00~13:00、14:00~17:00
日曜日の診療時間
不定期 (日曜の診療はHPで掲示)
支払方法
公式サイトに記載なし
最寄り駅
JR東神奈川駅西口より徒歩5分東急東横線反町駅より徒歩8分
所在地
神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町6-3 雷鳴堂ビル301
電話番号
045-987-2811

女性医療クリニックLUNA

美少女戦士セーラームーンに出てくる猫「ルナ」に由来する女性医療クリニックLUNA。世界標準のレベルの高い女性医療を実践するため、2005年に女性医師集団によってスタートしました。

そして、開業以来少しずつ形を変え女性医療クリニック・LUNAグループとして成長してきましたが、理念はそのままに、主に生殖年齢にある女性の健康管理を行う女性医療クリニックLUNA横浜元町、 更年期以後の女性の健康管理と抗加齢医療を行う女性医療クリニックLUNAネクストステージの2つのクリニックとして多くの患者さんを診察しています。

土曜日・日曜日に外来診療をしている日もあり当日予約も可能です。緊急避妊ピルの処方は、時間内7,300円(税抜)、時間外8,200円(税抜)で行っています。

土曜日の診療時間
10:00~13:00、15:30~19:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00
支払方法
現金・クレジットカード(自費の1万円以上)
最寄り駅
みなとみらい線「元町中華街駅」5番出口
所在地
神奈川県横浜市中区元町1-32
電話番号
初診専用045-662-0618(受付10:00~18:30)
当日予約045-651-6321(基本的には完全予約制)

綱島女性クリニック(よしたか産婦人科分院)

2018年に、アピタテラスのオープンと同時に開院した綱島女性クリニックは、仕事や子育てで忙しい方でも通いやすいように平日は18時30分まで、土日も午前中の診療を行い、女性医師も在籍するなど、通いやすく相談をしやすい体制を整えています。

避妊の相談にのっており、ピル・緊急避妊ピル・子宮内リングなどの相談が可能です。そのほかにも、生理時期の調整・ブライダルチェック・不妊相談・生理の悩みなど女性の身体に関するさまざまな相談にのってくれます。

土曜日の診療時間
9:30~12:30、14:30~17:30
日曜日の診療時間
休診
支払方法
公式サイトに記載無し
最寄り駅
東急東横線 綱島駅より徒歩12分
所在地
神奈川県横浜市港北区綱島東4-3-17
アピタテラス横浜綱島2F クリニックモール210
電話番号
045-544-8088

辻井産婦人科医院

辻井産婦人科医院は昭和44年の開院以来、地域の産婦人科疾患の治療などにあたって来た古くて昔ながらの医院。華やかさや高級感とは無縁ですが、これまで事故やトラブルは一切なく、当たり前のことを当たり前にやってきた誠実な産婦人科医院です。

コンドームが破れてしまったなど避妊器具のトラブルや予期せぬ性交があったとき、緊急の処置としてアフターピルを処方(費用は5,000円)していますが、 いつでも気軽に来院できるように予約制は取っていないそうです。

土曜日の診療時間
9:00~12:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00、14:00~17:00
支払方法
現金・クレジットカード
最寄り駅
東急田園都市線 たまプラーザ駅より徒歩12分
所在地
神奈川県横浜市青葉区美しが丘3-5-2
電話番号
045-901-7500
夜間は当直医師と当直看護師を配置

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。