すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶の流れと基礎知識 » 中絶費用が払えない…どうすればいいの?

中絶費用が払えない…どうすればいいの?

妊娠・出産に関わる費用は基本的に健康保険の適用外になっています。これは、妊娠・出産は自然なもので、病気ではないためです。その考え方から、妊娠中絶の費用にも健康保険は適用できません。中絶にかかる費用は各医療機関によって違いますが、検査費用や入院が必要なときもあるので、平均的には数十万円といった金額になるでしょう。今回は、この費用が払えない場合に、利用できる制度があるのか、ご紹介していきます。

医療費控除の利用する

医療費控除とは?

その年の1月1日~12月31日までの1年間に支払った医療費が10万円(もしくは年収の5%)を越えた場合、確定申告によって還付される制度です。ただし、誤解しないでいただきたいのは超過した医療費が全額還付されるのではなく、一定の割合(年収などによる)が還付されるということです。例えば年収300万円の人が30万円の医療費を支払ったとしたら、還付される金額は、約2万円となります。

医療費控除が適用されるケース

還付金は医療を受けた翌年確定申告をして、振り込まれることになりますが、支払ったお金の一部が還付されるのは助かります。しかし、この制度が中絶で適用されるのは、「母体保護法に基づいて、医師が中絶をすすめた場合」「母体保護法指定医が行った中絶手術」に限られます。

医療費控除が適用されないケース

医療費控除が適用されないケースとしては、上記のような条件に合わないときや申告をしなかった場合が当てはまります。例えば夫あるいは家族の扶養に入っている場合、医療費控除を申請するのは扶養している夫・家族となります。扶養されている人自身では、申告するこができません。 つまり、扶養されている妻や未成年が夫・家族に内緒で中絶を行なった場合、医療費控除の申請は難しいと言うことです。

出産育児一時金を利用する

出産育児一時金とは?

出産育児一時金とは、妊娠週数が12週を越えると支給される助成金のことです。金額は自然分娩でも帝王切開でも42万円(ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合は39万円)となります。現在では直接支払制度といって、医療機関が申請し、差額が出た場合は患者に請求する制度が多いようです。この制度が妊娠中絶にも適用されるケースがあります。

出産育児一時金が適用されるケース

出産育児一時金についてなぜ中絶で適用されるのかと言うと、健康保険の考えでは妊娠12週以上である場合、妊娠中絶・死産・早産は出産とみなされます。そのため、妊娠中絶の場合も出産育児一時金の対象となるのです。

注意点としては、すでに述べた通り、妊娠12週に達していない場合。また、この制度は健康保険が財源になっているため、加入していない場合には適応されないので注意しましょう。

生命保険を利用する

生命保険が適用されるケース

生命保険に入っている方で、医療費特約をつけている方、医療保険に入っている方は中絶でも保険金が給付される場合があります。例をあげると、流産、胎児死亡などです。

流産の場合、流産後の子宮内をきれいにする必要があります。そのときに受ける手術が治療行為として認められており、保険の対象となるのです。胎児死亡の場合、不育症・胎児水腫などが原因で亡くなると、胎児を取り出すために中絶手術が行なわれます。

ほかのケースとして、妊婦自身に出産に耐えるだけの体力がない、ほかの病気が進行しているなどで産むのが難しいと医師が判断して中絶を行なうことになった場合、保険が適用されます。これらの場合、手術給付金、入院給付金などが受け取れます。

生命保険が適用されないケース

望まない妊娠をした場合や経済的な理由から、自己都合で中絶したときには生命保険は適用されません。「望まない妊娠」のなかには性犯罪に巻き込まれてしまったケースもあるでしょう。そのような場合に受ける中絶手術に対しても、生命保険は適用されません。しかし、「犯罪被害者に対する公費支出制度」と言う公的な制度を利用できる場合があります。

犯罪被害者に対する公費支出制度について

犯罪被害にあった被害者が病院を受診した際にかかった費用を全額もしくは一部を公費によって支出する制度です。制度を利用する場合には、被害届を警察に届け出ている必要があります。被害届が出ているのを前提に、一定の条件を満たせば費用が支払われます。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。