すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶の流れと基礎知識 » 中絶をすると妊娠できないの?

中絶をすると妊娠できないの?

中絶をすると妊娠できないのかという心配をされる方は多いのですが、結論から言えば妊娠できないということはありません。 では、なぜ、このような心配をされている方が多いのでしょうか。 このページでは、こうした誤解の原因になっていると思われる問題について解説しています。

中絶によって不妊になるとは言い切れない

掻把法によって不妊になると言われていますが、その可能性は低いので、あまり心配はいりません。

ただし、中絶手術が正しく安全に行われなければ妊娠しにくくなるリスクもありますが、現在のところ、統計などで因果関係を示すデータが取られているわけではなく、中絶後すぐに妊娠する人さえいますので、心配しすぎないことです。

また、将来的に妊娠を望んでいるのであれば、精神的なストレスによるホルモンバランスの乱れなどを起こさないようにすることも大切になります。手術後は、自責の念などからストレスを感じ、落ち込んでしまう女性も少なくありません。 こうした場合は、心療内科の受診や専門家のアドバイスを利用して、心の健康も保つことが大切です。

「アッシャーマン症候群」はレアな症状

アッシャーマン症候群は、子宮内腔癒着とも呼ばれ、子宮内膜の炎症で子宮の壁が、くっついてしまったことをいいます。

アッシャーマン症候群になると、子宮の筋肉の活動が低下して、子宮内膜に必要になる卵巣ホルモンが不足するため、子宮内膜が妊娠に必要な厚さに成長しない可能性があるといわれています。このため着床不全や流産などの不妊の原因とされているのです。

しかし、衛星面の管理が行き届いた現代の日本では、可能性も低く、きわめてレアな症状であるだけでなく、治療によって完治した場合は妊娠も不可能ではありません。

さらに、これまでは手術による医原性疾患と考えられてていたアッシャーマン症候群ですが、子宮手術歴のない方にもアッシャーマン症候群が見られるケースが報告されたことから、現在では遺伝的な要因の可能性についても研究が進んでいます。

身体よりも心のケアが大事

中絶をどのように感じるかは、人それぞれです。 また、置かれた状況や環境の違いによっても、感じ方は違うでしょう。

妊娠中絶をした後で、大事なのは自分をケアすることです。 そして、身体よりも心のケアが大事だと言われるのは、心は痛みを感じることが難しいからです。

体の痛みは自覚しやすく、すぐに痛み止めなどでセルフケアすることも可能ですが、心の痛みは自覚されないまま放置され、突然ふさぎ込んだり、涙が止まらなくなったり不眠などの症状になって現れることもありますので、心のケアも心掛けましょう。

望まない妊娠をしたら早めに相談

望まない妊娠によるリスクは、肉体的なことだけではなく、精神的にもあるでしょう。「妊娠かな?」と思ったら、まずは婦人科を受診しましょう。 少しでも早い妊娠の段階で、クリニックへ相談することができれば安全な中絶手術が可能になります。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。