すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶の流れと基礎知識 » 中絶をすると病気になる?

中絶をすると病気になる?

中絶手術を受けた後は、身体への影響だけでなく、心への影響にも注意する必要があります。

前向きな選択として経験を乗り越え、より豊かな人生を歩む女性も多くいますが、なかにはうまく対処できない女性もいるようです。

このページでは、心への影響に焦点をあてて詳しく解説しています。

「人工中絶手術後ストレス障害」とは

中絶手術後から始まる心の問題として「人工中絶手術後ストレス障害(PAS)」があります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)のひとつとして扱われることが多く、中絶手術経験者の約20%が症状を経験しているといわれています。

中絶手術をした後、自分の気持ちに整理を付けるといったことは、ほとんどの人が経験することかもしれません。

しかし、強いストレスの症状が長引き、1か月以上経っても、状況にうまく対処できずにいる場合は人工中絶手術後ストレス障害(PAS)を発症している可能性があります。

障害の主な症状は、過剰反応、侵害行為、抑圧の3つに分類されます。

過剰反応

本人にしかわからない、もしくは本人も自覚していないのかもしれませんが、スイッチが入る、ある状況になると感情が暴走してしまいます。

そのため、攻撃的になったり怒りっぽくなる、集中力がなくなるといった状態があらわれます。

自律神経に過剰な刺激や負担がかかることで血管に影響が出るため、急に脈拍が上がったりすることもあります。

侵害行為

強い不安や恐怖を伴う悪夢、原因となった場面を再現した悪夢、強い悲しみや落ち込みによるうつ、辛くて仕方がないといった状態になります。

抑圧

本人は、苦しむことから逃れるために、その原因を考えないように抑圧し感情を麻痺させます。そして、それと引き換えのように、物事への関心をなくしたり、人にこころを許すこともできなくなります。その結果、人づき合いを無くしたり、パートナーとの関係が悪化したりすることがあります。

また、辛い経験から自分の心を守るためにアルコールや薬物に依存したり、幻覚、妄想、自殺願望にかられたり、自虐行為の及んだりもします。

感染症や合併症の危険性は?

世界的に見ても質の高い日本の医療現場では、必要以上に感染症や合併症を心配することはありませんが、中絶手術は難しい手術で、病気やけがによる他の手術と同じように麻酔も必要です。

そのため、麻酔や手術に使用する薬へのアレルギー反応などに対するリスクは0ではありませんし、患者さん自身の体の中にいる病原体が関係してくることも少なくないといいます。

あくまでも「可能性がある」ものとして、報告されているものは、子宮内膜や生殖管が感染しておこる子宮内膜炎です。

しかしこれは、出産したばかりの女性にも可能性があり中絶手術を行った女性だけのものではなく、万が一なってしまった場合でも、きちんとした処置を行えば治ります。

望まない妊娠をしたら早めに相談

望まない妊娠に気づいたら、早めに産婦人科の医師に相談してください。

「どうしよう」と考えて立ち止まっていても、中絶が許されるのは、妊娠22週未満まで。中絶を受けることができなくなってしまう前に、まずは婦人科を受診ましょう。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。