すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶の流れと基礎知識 » 中絶をすると流産しやすくなる?

中絶をすると流産しやすくなる?

中絶をしたことがあっても、次の妊娠でそれほど神経質になる事はありません。

流産は様々な要因が重なっておこるものや、なんの原因がなくてもおこる、自然流産もあります。中絶経験があるだけでなる事ではありませんが、妊婦さんなら少なからずしているともいわれる流産の心配について、その原因を詳しく解説しています。

中絶が流産の直接の原因にはならない

流産といってもさまざまな種類があり、また様々な要因が重なって流産することが多いので、中絶経験があるだけで流産を心配する必要はありません。 しかし、その時に安全で正しい処置を受けていればということで、子宮が傷ついていたり、中絶を何度も繰り返している人は、普通の人より注意が必要かもしれません。

そんな流産ですが、流産全体の約80パーセントを占めるのは、妊娠12週未満の早い時期におこるもので、流産の原因や症状にはいくつかの種類があります。

また、妊婦さん全体の約15パーセントが流産に至るという統計もあり、少なからず、経験している妊婦さんがいるようです。

流産の原因とは

切迫流産

流産しかかっている状態になっていることです。

ほとんどの切迫流産は原因不明ですが、妊娠12週未満の場合は染色体異常が原因といわれています。

昔は超音波検査がなかったので「流産が切迫している」という意味で使われていました。

稽留流産

子宮内で胎児が亡くなってしまっているか、胎児の姿がなく胎囊だけが成長した状態です。

稽留流産を含む、妊娠12週未満の流産の原因で最も多いのが、染色体異常によるものと考えられています。

完全流産

胎児や子宮内容物が完全に子宮外に流れてしまう状態です。 多くは妊娠12週未満に起こり、原因のほとんどは胎児側にある染色体異常といわれています。受精卵の成長する力が備わっていなかったものと考えられています。

不全流産

子宮内容物の一部が子宮外に流れだしてはいるが、まだ一部が子宮内に残っている状態です。

進行流産

今まさに流産が進行している状態です。

胎児に染色体異常や先天性の異常がある場合が多く、正常に発育できずに妊娠が継続できなくなったもので、母体に原因がある場合は、ほとんどありません。

中絶を繰り返さないためにできること

避妊方法について知る

中絶を繰り返さないためには、避妊方法を知っておくことが非常に重要です。避妊方法は、自分たちで行える方法の他、病院で処置を施すものも存在します。それぞれの避妊方法と、メリットや注意点を見ていきましょう。

ピルの使用

ピルは、誤った使い方をしなければ、非常に避妊効果が高い方法だといえます。黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合された錠剤を服用することで、排卵を押さえて避妊効果を得る方法です。

正しい周期で服用することで避妊できる確率が非常に高くなり、様々な避妊方法のなかで最も効果が高いといえます。

しかし、欧米諸国と比較して、日本国内では低用量ピル(OC)の服用率は非常に低いことが特徴です。そのため、まずは低用量ピル(OC)に関する基本的な情報を知りましょう。

経口避妊薬は、アメリカで1960年から発売されている薬です。発売当時は、含まれるホルモンの量が多い高用量ピルが使用されていました。後に、含まれるホルモンの量が少ない中用量は発売され、1970年以降に低用量ピル(OC)へ改良。現在、日本国内で服用が認められている種類は低用量ピル(OC)となります。

ピルは、OC・低用量経口避妊薬・低用量ピルと呼ばれ、婦人科をはじめとする病院や診療所で診察を受けたうえで処方してもらいます。

リズム法

リズム法とは、基礎体温や月経周期といった変動から排卵日を予想し、排卵日を避けて性交する方法です。身体のリズムを確認して行う避妊方法であり妊娠しにくい日を予測します。

排卵日の計算方法ですが、女性の基礎体温は通常低温期と高温期が存在します。排卵をきっかけに、低温期から高温期へ移り、月経をきっかけに高温期から低温期へと移ることが一般的です。

低温期と高温期のリズムを活用して排卵の時期を予測することにより、妊娠する確率が高い日を避ける方法で避妊をします。排卵日が予測できれば、翌々日以降妊娠の可能性は低くなりますが、基礎体温を測定していても確実に排卵日を確認することは難しいものです。

さらに、体調にも左右されやすいため注意しなければなりません。そのため、リズム法だけの避妊は避けて、他の方法と併用すると良いでしょう。

子宮内避妊システム(IUS)

子宮内避妊システム(IUS)とは、子宮内に黄体ホルモンを出すためのプラスチック製器具を挿入し、子宮内膜が厚くなるのを抑制して受精卵が着床しにくい状態にするものです。子宮内への挿入は産婦人科で行われ、1年に1度は定期検診を受ける必要があります。

ただし、出産経験のない女性に適しておらず、自然に出てしまう事がある点に注意が必要です。挿入を検討するのであれば、1度病院を受診して医師に相談しましょう。

子宮内避妊用具(銅付加IUD)

子宮内避妊用具(銅付加IUD)は、子宮内に銅イオンを出すプラスチック製器具を挿入し、卵子と精子が受精することを抑制すると同時に、受精卵の着床も予防します。1度挿入することで2~5年は効果が持続することが特徴で、避妊効果の高さは低用量ピルと同等です。

子宮内への挿入は産婦人科で行われ、1年に1度は定期検診を受ける必要があります。ただし、子宮内避妊システムと同じく出産経験のない女性に適していません。自然に出てしまう事があるので、挿入を検討するのであれば1度病院を受診して医師に相談しましょう。

避妊手術

卵管を縛って、卵子と精子が受精しないようにする卵管結紮術(らんかんけっさくじゅつ)が行われます。手術方法は2種類あり、腹部の皮膚を切開する方法と、切開せずに腟側からアプローチする方法があります。

ただし、1度手術を受けると元に戻すことは困難なため、しっかり検討したうえで決断しなければなりません。

望まない妊娠をしたら早めに相談

将来、妊娠を希望しているのであれば、信頼できるクリニック選びは大切なことです。そんなとき、中絶が理由で流産になってしまうことなど避けたいですよね。 「妊娠かな?」と思ったら、まずは信頼できる婦人科を受診しましょう。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。