すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶手術の種類と受けられる横浜市の病院 » 無痛の中絶手術が
受けられる横浜市の病院

無痛の中絶手術が
受けられる横浜市の病院

中絶手術による痛みをできるだけ減らしたいという方のために、無痛での手術を行っている病院があります。

横浜で無痛の中絶手術を受けられる病院の選び方や、気になる痛みについての情報をまとめてみました。

無痛の人工妊娠中絶手術を行っている病院は多い

無痛の人工妊娠中絶手術とは、「患者が来院してから手術が完了するまで、まったく痛みを感じることのない中絶手術」を指します。中絶を行う際には、不安を軽減する抗不安剤の筋肉注射、静脈麻酔の点滴などを行いますが、この注射の痛みについてもすべて取り除くのが無痛の中絶手術です。

少し前までの中絶手術は「多少の痛みは仕方がない」という考え方でしたが、今は無痛での手術が主流。もちろん横浜で妊娠中絶を行っている病院でも、ほとんどが麻酔を用いた無痛の中絶手術を行っています。そのため、病院選びのポイントは無痛かどうかという点よりも、自分の妊娠週数と要望に合った手術・ケアをしてくれるかどうかが重要となるでしょう。

中絶手術を行うまでの痛みの変化

無痛中絶手術と聞いても、やはり「何かしらの痛みは感じるのでは…?」と不安に感じる方もいるでしょう。そこで、ここでは妊娠中絶において感じやすい痛みと、その痛みに対する措置を解説したいと思います。ただし、処置内容については病院によって異なることがあるので、事前に確認しておきましょう。

中絶手術前処置の痛み

前処置では、閉じている子宮口を開くために特殊な器具(ラパン、ラミナリアなど)を挿入しますが、この処置で痛みを感じるケースがあります。無痛の中絶手術では、麻酔で眠ったあとにこの処置を施したり、前処置なしでの手術を行っています。

抗不安剤の注射

手術の不安を取り除くため、抗不安薬の筋肉注射・点滴を行うことがあります。無痛中絶手術では注射による痛みを感じないよう、内服薬による不安の軽減を行っています。

中絶手術前の鎮痛薬・麻酔薬の点滴、術中の痛み

手術前に麻酔薬・鎮痛薬の点滴を行いますが、針を刺す部分に麻酔シールなどの表面麻酔を行うことで痛みをなくすことができます。また、局所麻酔で手術中に意識がある状態だと5割ほどの患者が痛みを感じますが、無痛中絶手術では眠った状態で手術が行われるため痛みを感じることはありません。

中絶手術後の痛み

日帰り手術の場合、術後の痛みをすべて取り除くことはできませんが、術中に鎮痛薬を早期投与することで感じる痛みをかなり軽減できます。生理痛程度の痛みが数日続くくらいとなっており、鎮痛剤も処方されるので安心です。

中絶手術で痛みを感じた人・痛みを感じなかった人

痛みの感じ方は1人1人異なるため、中絶手術における感じ方にも幅があります。

  • 静脈麻酔で眠っている状態での手術だったため、目がさめたらすべて終わってました。
  • 痛みに不安を覚えていましたが苦痛を感じることなく退院でき、ホッとひと安心です。

と、ほとんど痛みを感じない方もいれば、

  • 子宮口を開く前処置が痛かったです。何とか耐えることはできましたが、吐いてしまいました。
  • 手術が終わって意識が戻ったら、子宮が収縮するような痛みを感じました。激痛でした。

と、痛みを訴える方もいます。しかし、痛みに弱い方でも無痛中絶手術なら安心。まずは気になったクリニックが無痛の中絶手術に対応しているか、問い合わせてみましょう。

痛みの感じ方は人それぞれ

妊娠時期や体質だけでなく、そもそも痛みの感じ方は人によって違います。また、不安感が高まることで、通常は軽いはずの痛みが強まってしまうこともあるでしょう。

だからこそ、痛みを最小限に抑えるためには、もちろんなるべく早い段階で手術を受けることが望ましい一方で、事前にきちんと主治医に相談して、自分が本当に納得した上で手術へのぞむことが大切です。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。