すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶手術の種類と受けられる横浜市の病院 » 土日でもアフターピルが
受け取れる横浜市の病院

土日でもアフターピルが
受け取れる横浜市の病院

アフターピルは、避妊具を使用しなかった、または避妊に失敗した際に用いられる緊急避妊薬。性交から72時間以内にアフターピルを服用すれば、望まない妊娠を避けられる可能性が高いです。土日でもアフターピルの処方を行っている横浜市内の病院をまとめました。

土日でもアフターピルをもらえる横浜の病院4院

土日もピルを受け取れる横浜の中絶対応クリニックの営業時間 聖マリアクリニック横浜ステーション 聖マリアクリニックセンター北分院 聖マリアクリニック戸塚分院 仲町台レディースクリニック 聖マリアクリニック横浜ステーション 聖マリアクリニックセンター北分院 聖マリアクリニック戸塚分院 仲町台レディースクリニック
土日もピルを受け取れる横浜の中絶対応クリニックの営業時間

聖マリアクリニック横浜ステーション

聖マリアクリニック横浜ステーション公式HP

引用元:聖マリアクリニック 横浜ステーション公式HP(http://stmc-y.com/)

土曜日の診療時間
10:00~13:30、15:30~19:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00
支払方法
現金・クレジットカード
最寄り駅
横浜ステーション分院:各線「横浜駅」
電話番号
045-828-4892(24時間受付・自動音声対応)
045-440-2804(聖マリアクリニック横浜ステーション)
045-913-4489(聖マリアクリニックセンター北分院)
045-869-5544(聖マリアクリニック戸塚分院)

聖マリアクリニック
横浜分院の
公式HPで
アフターピルを
問い合わせる

電話で問い合わせる
(24時間受付・
自動音声対応)

聖マリアクリニックセンター北分院

聖マリアクリニックセンター北分院公式HP

引用元:聖マリアクリニック センター北分院公式HP(http://stmc-n.com/)

土曜日の診療時間
10:00~13:30、15:30~19:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00
支払方法
現金・クレジットカード
最寄り駅
市営地下鉄ブルーライン「センター北駅」
電話番号
045-828-4892(24時間受付・自動音声対応)

聖マリアクリニック
セン北分院
公式HPで
アフターピルを
問い合わせる

電話で問い合わせる
(24時間受付・
自動音声対応)

聖マリアクリニック戸塚分院

聖マリアクリニック戸塚分院公式HP

引用元:聖マリアクリニック 戸塚分院公式HP(http://stmc-t.com/)

土曜日の診療時間
10:00~13:30、15:30~19:00
日曜日の診療時間
9:00~12:00
支払方法
現金・クレジットカード
最寄り駅
JR横須賀線「戸塚駅」
電話番号
045-828-4892(24時間受付・自動音声対応)

聖マリアクリニック
戸塚分院の
公式HPで
アフターピルを
問い合わせる

電話で問い合わせる
(24時間受付・
自動音声対応)

仲町台レディースクリニック

仲町台レディースクリニック公式HP

引用元:仲町台レディースクリニック公式HP(http://www.nakamachidai-lc.com/)

土曜日の診療時間
9:00~11:30
日曜日の診療時間
9:00~11:30
支払方法
現金
最寄り駅
市営地下鉄ブルーライン「仲町台駅」
電話番号
045-943-1803

仲町台
レディースクリニック
公式HPで
アフターピルを
問い合わせる

電話で問い合わせる
045-943-1803

アフターピルを使う前に知っておくべきこと

アフターピルの効果が得られるのは、性行為後72時間以内(3日以内)です。飲むタイミングが早ければ早いほど、避妊効果が高くなります。服用するタイミング別に妊娠する確率をまとめてみました。

  • 性交直後~12時間以内:0.5%
  • 13~24時間以内:1.5%
  • 25~36時間以内:1.8%
  • 37~48時間以内:2.6%
  • 49~60時間以内:3.1%
  • 61~72時間以内:4.1%

性交直後から12時間以内にアフターピルを服用すれば妊娠する確率はわずか0.5%。61~72時間以内に飲んだ場合でも、妊娠する確率を4.1%に抑えられます。避妊に失敗してしまった人は、諦めずにできるだけ早くアフターピルを飲みましょう。ただし、どの病院でもアフターピルを処方してもらえる訳ではありません。取り扱っているかどうかを事前に確認してから、病院へ問い合わせるようにしてください。

服用によって起こる体の変化

アフターピルを服用すると、吐き気・倦怠感・不正出血・頭痛・眠気といった副作用が起こるケースがあります。診療時間が長い・土日も診療している病院でアフターピルを処方してもらえば、万が一副作用が現れてもすぐ医師に診てもらえるでしょう。

アフターピルの費用目安

アフターピルの相場は10,000~20,000円です。病院によって処方しているアフターピルの種類や、診察費・検査費が処方料に含まれるかなど費用が異なります。そのため、値段だけを見て相場より高い・安いと判断するのは難しいでしょう。

また、アフターピルの処方は保険適用外です。診察費や検査費を含めて、30,000~40,000円かかると考えておくことをおすすめします。

アフターピルは病院でしか買えない?

日本におけるアフターピルの販売は2011年に承認されました。ただし、日本でアフターピルを購入するには医師の処方箋が必要となります。「どうしても産婦人科に行くことができない」「近くにアフターピルを処方している病院がない」といった女性のために、オンライン処方を行っている医師もいます。

オンライン処方とは、オンライン上で診察を行い、処方箋を自宅に郵送してもらう方法です。とても画期的な制度ですが、厚生労働省のガイドライン*には、オンライン処方について『原則として初診は対面』と記載されていました。どちらにせよ一度は病院へ出向く必要があります。

オンライン処方のほかに、輸入品をネットで購入する手もありますが、NPO法人宛に『輸入品をネット販売で買って飲んだけれど避妊の成功をどう確かめたらいいかわからない』『服用後に嘔吐してしまい効果があるのか不安』という相談が相次いでいるため、避けたほうが良いでしょう。

あくまでもアフターピルは薬です。万が一体に異変があったときのために、土日でもすぐに診察が可能な病院で処方してもらうことをおすすめします

*参考HP:厚生労働省HP「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000201789.pdf)

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。