すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶手術の種類と受けられる横浜市の病院

中絶手術の種類と
受けられる横浜市の病院

このカテゴリでは、初期・中期といった中絶手術の種類と、アフターピルの処方・中絶手術を扱っている横浜の病院について解説しています。

土日でもアフターピルが受け取れる横浜市の病院

アフターピルとは、不測の妊娠を防ぐための緊急避妊ピル。このピルはセックス後72時間以内に服用しないと避妊効果が得られないため、できるだけ早いタイミングで飲むことが重要です。ここでは、そんな緊急事態に土日でも対応できる横浜市内の病院をご紹介。最寄りの駅・診療時間・支払い方法・電話番号といった情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。また、アフターピルの特徴や費用相場、病院以外での購入の可否といった情報も必見です。

土日でも
アフターピルをもらえる
横浜の病院

初期中絶手術が受けられる横浜市の病院

初期中絶とは、妊娠してから11週目までに行う中絶手術のこと。横浜で中絶手術を取り扱っている病院であれば、ほとんどがこの手術に対応しています。ここでは、初期中絶に用いられる手術法の種類や、手術における流れをおおまかに紹介。術後にしてはいけないことなど、知っておきたい注意点などもまとめています。初期中絶は基本的に日帰りで受けられますが、リスクがない訳ではありません。正しい情報をきちんと知っておきましょう。

初期中絶手術が受けられる
横浜市の病院

中期中絶手術が受けられる横浜市の病院

中期中絶とは、妊娠12~21週6日までに行う中絶手術のこと。初期中絶は行っているが、中期中絶には対応していないという病院も多いので注意が必要です。ここでは、横浜で中期中絶を受け付けている病院を5院紹介。それぞれの最寄り駅・診療時間・特徴などをまとめました。また、中期中絶の期間や手術の方法・流れ、術後の注意点や手続き(死産届など)についても解説しています。初期中絶に比べるとかなり大掛かりな手術となるので、必ず情報をチェックしておきましょう。

中期中絶手術が受けられる
横浜市の病院

無痛の中絶手術が受けられる横浜市の病院

「中絶手術は痛い」というイメージが強いかもしれませんが、今は麻酔を使った無痛の中絶手術を受けることができます。ここでは、横浜で無痛中絶手術に対応している病院について、選び方などのポイントを紹介。また、中絶の痛みをどのような処置で軽減していくのかといった、具体的な仕組みについてもまとめています。

無痛の中絶手術を
受けられる
横浜市の病院

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。