すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 神奈川で中絶に対応するクリニック » 田中クリニック

田中クリニック

妊娠15週までの初期・中期人工中絶手術に対応している田中クリニック。クリニックの特徴や人工中絶手術について調べたのでご紹介します。

中絶の相談がすぐにできる
横浜のクリニックを探す>>

田中クリニックについて

診療時間

9:00~12:00 × ×
15:00~18:30 × ×

※△は14:00~16:00、木・日・祝は休診日

中絶対応情報

最寄り駅
小田急線本厚木駅
対応週数
妊娠15週まで
中絶費用
記載はありませんでした。
支払方法
記載はありませんでした。
女医の対応可否
記載はありませんでした。
アフターピルの処方
電話番号
046-242-3511

アクセス

住所:神奈川県厚木市及川572

中絶手術を行う田中クリニックの特徴

田中クリニックMEMO
  • 人工中絶手術は妊娠15週まで対応
  • 人工中絶手術は日帰りで可能
  • 内科も併設
  • 女性の身体の健康に寄り添う医療

特徴1:妊娠15週までの人工中絶手術に対応

産婦人科、内科も併設している田中クリニックでは、望まない妊娠をしてしまった方に向けて人工中絶手術を施しています。人工中絶手術は妊娠21週までの胎児を中絶する手術ですが、妊娠12週を境に初期人工中絶手術と中期人工中絶手術にわかれ、手術方法や対応などに違いが見られます。田中クリニックでは、妊娠15週までの患者に対して人工中絶手術を施しています。初期人工中絶手術だけでなく、中期にも対応しているのが特徴です。手術の方法やリスクなどは一般的に胎児の大きさに左右されるため、しっかりと事前の診断で確認します。また、田中クリニックでは避妊方法として、低用量ピル、IUDと呼ばれるリング、そして万が一の場合のアフターピルの3つの方法を提供しています。低用量ピルは、事前に使用しても問題がないかを確認の上、一定期間服用します。IUDは月経終了後に挿入します。アフターピルは、性交後72時間以内に服用することで避妊の効果があります。避妊に関して様々な方法に対応しているので、自分にどの方法が合っているのかについては一度相談してみるのが良いでしょう。

特徴2:日帰り手術に対応

田中クリニックで受ける人工中絶手術は基本的に日帰り手術となっています。多くの患者が、忙しくてなかなか婦人科の受診ができないということもあり、田中クリニックでは土曜日の診察もやっています。平日は仕事や学業で通院することができないという患者も、土曜日に開いている病院があるというのは安心ですね。人工中絶手術の場合も、病院によっては入院をする必要があるところもあります。田中クリニックでは手術後、体調の確認をした上で問題がなければ即日帰宅することができます。時間面で生活に支障をきたすことなく、手術を受けられます。

特徴3:内科にも対応

田中クリニックでは産婦人科の診療だけでなく、内科にも対応しています。産婦人科では、乳がん検査、子宮がん検査、卵巣がん検査といった婦人科検診や、不妊検査、性感染症への対応、そして人工中絶手術に対応しています。内科については、一般健康診断や、高血圧、高脂血症、糖尿病などの一般診療から、閉経後に問題になりがちな骨粗鬆症の診療、胃がん、肺がん、大腸がんなどの検診も行っています。田中クリニックは、女性の一生において発生する健康上のトラブルを解決しているクリニックであることがわかります。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。