すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶に対応している横浜市の病院の選び方 » 日曜日に中絶施術を相談したい

日曜日に中絶施術を相談したい

日曜日でも中絶施術の相談を受け付けている横浜の病院情報や、中絶後の注意点についてまとめています。

日曜に中絶手術を相談できる病院は?

今すぐ中絶施術について相談したいけれど、「日曜日でないと病院へ行けない」「平日に都合がつかない」といったケースもあると思います。

時間が経つにつれてリスクが高まる妊娠中絶において、これは大きな問題です。そんな方のために、

当サイトでは日曜日でも診療・相談を行っている横浜の病院を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

日曜日も中絶の相談を
受け付けている
横浜の病院を探す

中絶後の過ごし方

中絶施術後の体は、確実にダメージを負っています。ムリをすると予期せぬトラブルが起こる可能性もあるため、以下の注意点を守って過ごすようにしましょう。

入浴

中絶後は少なからず出血があるため、止血・感染症防止といった部分で入浴はNGとなっています。ただし、シャワーは手術当日から可能となっているので、体を清潔に保ちましょう。出血が止まれば入浴できますが、できれば術後の診察を受けてからの方が安心です。

食事

術後の食事は通常のもので問題ありませんが、手術前に絶飲絶食をしている場合は様子見が必要。まずは水を飲んで吐かないかどうかをチェックし、問題がなければ食事をしましょう。ただし、辛いものなどの刺激物は2~3日控えた方が賢明です。飲酒は、検診で医師の許可が下りてからにしましょう。

運動

中絶後すぐに運動をすると、出血が止まらなくなることがあります。軽い運動であれば1週間後くらいからOKですが、ハードな運動は術後検診で問題なしと言われてからにしましょう。

生理

中絶手術後の生理は、1~1ヶ月半後に始まることが多くなっています。中期中絶の場合はホルモン分泌の状態により、さらに遅くなることがあるようです。ただ、2~3ヶ月経っても生理が来ない場合は、必ず受診してください。

痛み

術後の痛みがつらいようであれば、処方されている鎮痛薬の量を増やすなどで対応できます(増量については病院と要相談)。処方薬が不足した場合は、市販の鎮痛薬で補うことも可能です。ただし、痛み止めが効かない、痛みで立てないといった場合はすぐに受診しましょう。

セックス

中絶手術後のセックスは、生理が始まるまで控えた方が賢明。出血などの問題もあるので、できれば術後検診で医師に「問題なし」と言われてからにした方が良いでしょう。また、術後1ヶ月くらいは排卵のリズムが不安定になっているため、生理が来なくても妊娠してしまうことがあります。妊娠を望まないのであれば、きちんと対策をしましょう。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。