すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 中絶に対応している横浜市の病院の選び方 » まずは中絶にかかる費用を知りたい

まずは中絶にかかる費用を知りたい

中絶にかかる費用と、どのように用意したかといった情報を、横浜の産婦人科で調査してみました。

中絶費用は平均10万円から30万円

中絶する場合、妊娠11週までの初期なら10万円前後、12週を越えて22週までの中期なら体の状態や持病の有無によって30万円以上の費用がかかるケースが一般的

初期と中期で金額が違うのは、中期に入ると赤ちゃんの体がしっかり形成されてきて、中絶による母体のリスクが高くなるからです。

中期に入ると中絶による身体へのリスクが一気にあがります。自分の体を大切にするためにも、中絶を考えている方はなるべく早く婦人科へ相談しに行きましょう。

中絶費用の負担どうしてる?横浜の産婦人科で調査

中絶手術は、精神的にも肉体的にも女性の負担が大きいものです。保険を適用できないので、金銭面の負担だって小さくはありません。

中絶をすることになったとき、みなさんはどのように費用負担をしているのでしょうか。横浜の産婦人科で調べてみたので、参考にしてください。

一番多かったのは「男女で中絶費用を折半」したケース

一番多かったのは、男女で費用を折半したというケース。「妊娠は男女どちらにも責任があるから」と考えているカップルが多いようです。

中絶を選んだ背景としては、

  • 二人ともまだ子どもを育てる余裕がなかった
  • もう少しカップルや夫婦の時間を楽しみたい
  • 子どもはほしいけど彼女の仕事が忙しくなってキャリアを優先することにした
  • 胎児に先天性の障がいがあることがわかって、今回は中絶を選んだ

など、様々な理由や事情があります。

男性だけが中絶費用を負担したケースも多い

次に多いのは、男性が費用を負担したケースでした。

費用を全額負担する男性には、

  • 中絶手術で体に負担がかかるのは彼女だし、せめて費用は自分が負担したい
  • あまりいいたくはないけど、お金で解決できるなら
  • 避妊を甘く見ていたのは自分の責任だから

といった考えがあるようです。

女性だけが中絶費用を負担したケースもある

また、比較的少ないものの女性だけが費用を負担したケースも見られます。

その理由としては、

  • 彼に迷惑をかけたくなくて、黙って中絶することにした
  • 「妊娠した」と彼に伝えたら連絡が取れなくなった!
  • 中絶は早いほうが危険性も低いし、あとで彼と折半するつもりで立て替えた

というものが多いようです。

クリニックによっては、中絶費用をクレジットカードでの分割払いで支払うことができます。一人で悩まず、まずはクリニックへ相談してみてはいかがでしょうか。

中絶費用のクレジットカード払いに対応している横浜市内のクリニックをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。