すぐに相談できる中絶手術が可能な横浜市の病院list » 本牧レディスクリニック

本牧レディスクリニック

本牧レディスクリニックは、横浜市中区にあるクリニックです。「日常的な女性の身体の悩み」について気軽に相談できるのが特徴です。人工中絶では、12週未満までの日帰り手術に対応しています。

中絶の相談がすぐにできる
横浜のクリニックを探す>>

本牧レディスクリニックについて

診療時間

9:30~13:00 ×
14:30~18:00 × ×

※第3・第5日曜日は午後休診

中絶対応情報

最寄り駅
根岸駅、山手駅
対応週数
妊娠12週未満
中絶費用
15万円~
支払方法
女医の対応可否
男性院長対応
アフターピルの処方
不明
電話番号
045-628-3077

アクセス

住所:神奈川県横浜市中区本牧和田12-22 ジョイ新本牧2F

中絶手術を行う本牧レディスクリニックの特徴

本牧レディスクリニックMEMO
  • 人工中絶手術は、妊娠12週未満まで対応
  • 静脈麻酔を使用しての手術
  • 費用は15万円から20万円程度
  • 専用駐車場あり
  • 土曜日・日曜日の診療も可能

特徴1:日帰りでの人工中絶手術

本牧レディスクリニックの人工中絶手術は日帰りでおこなわれます。対応できるのは妊娠12週未満の場合に限られますので注意が必要です。手術前の準備としてはまず十分なカウンセリングをおこなって、患者さんの意思確認をすることからはじまります。確認がとれれば、費用や手術方法について説明があります。費用は妊娠週によって変わってきますが、15万円から20万円程度となります。

特徴2:人工中絶手術の流れ

中絶手術の日程が決定したら、術前検査を実施します。採血によって血液型や貧血、感染症の有無などを検査して、手術時の麻酔に支障がないかを判断します。術前検査で手術可能となれば、あとは手術日を待ちましょう。当日の朝は食事不可で、水かお茶飲みを摂取することになります。午前9時30分くらいに受付を済ませて、術前処置に入ります。

膣内の消毒を実施して、子宮の入り口を広げるための細い器具を挿入、その後は子宮口が開いてくるまで数時間かかりますのでベッド上で安静にして待ちます。その間に静脈を確保し、水分の点滴を開始していきます。手術の直前には点滴から静脈内麻酔薬を投入して、意識のない状態を確認してから手術開始です。手術は吸引法でおこなわれ、吸引管という器具を使用します。手術時間は10分から15分くらいが一般的で、約30分程度で麻酔から目覚めます。麻酔から覚めてもフラフラするなどがありますので、すぐに動くことは危険です。数時間安静にした後に子宮の状態や全身の状態を確認してから帰宅となります。

帰宅時にはフラつきなどが残っている場合もありますので、付き添ってくれる方をあらかじめ頼んでおくように、とクリニックからアドバイスがあります。また、車を運転することは避けてください。また翌日は安静にするようにしましょう。術後は1週間目と3週間目に受診をして、子宮などの回復具合を診てもらって終了となります。

特徴3:土曜日・日曜日も診療が可能

本牧レディスクリニックでは、土曜日・日曜日も診療が可能ですから、仕事のある女性でも休みの日に受診することができます。ただ、土曜日の診療は混雑が予想されるため、なるべく早く診療予約をしてください。また、日曜日の診療受付は12時30分までで、第3と第5日曜日は休診となります。

“土曜の午後” でも中絶の相談ができる横浜のクリニック3院

聖マリアクリニック

営業時間
土:19時まで
日:12時まで(本院以外)
最寄り駅
東戸塚駅、横浜駅、センター北駅、戸塚駅

ワキタ産婦人科

営業時間
土:17時まで
日:×
最寄り駅
田園都市線
「藤が丘駅」

ホワイトレディースクリニック

営業時間
土:14時半
日:×
最寄り駅
田園都市線
「たまプラーザ駅」

【中絶の費用について】
中絶手術の平均的な費用は、初期中絶で10~15万円、中期中絶で15万円~30万円と言われています。
もちろん、母体の状態やクリニックによって費用は変動しますので、一度問い合わせてみることをおすすめします。